1. HOME
  2. お知らせ
  3. 気血水の働きについて

気血水の働きについて

気血水の働きについて

人間の体は「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」の3つの要素で成り立ち、これらが一緒に働いて体を動かしているという考え方が「気血水理論(きけつすいりろん)」です。それぞれの働きは次のようになっています。

■気:体を動かすエネルギー。気が体全体をくまなくなめらかにめぐっていれば、体や臓器も元気に働きます。
■血:体内で栄養などを運ぶ働きをしています。
■水:体内の水分です。

気や血の働きが悪くなると元気がなくなります。
オナラやゲップは気のめぐりの悪さが原因です。
気血水が偏りなく流れていれば、体は元気に働きます。
気血水の量や流れ、働き具合が悪い時は、バランスを整えるような治療が必要です。

お知らせ

お知らせ一覧