1. HOME
  2. お知らせ
  3. 漢方医学の理論について

漢方医学の理論について

漢方医学の理論について

漢方医学では、個人の体質や体のバランスを重視して診断を行うことを大切にしています。
その考え方には「虚実(きょじつ)」や「五臓(ごぞう)」、「気血水理論(きけつすいりろん)」などが用いられ、「病気の進行具合」も参考にします。

虚実の判定

漢方では、体質や体の具合を「虚(きょ)」「実(じつ)」の二つに分けて考えることがよくあります。

「実」とは、充実している状態を指し、体力のある人を「実証(じっしょう)」と表現します。
元気があるのはよいことですが、体に悪いものが充満していたり、体の働きが暴走することもあり注意が必要です。

逆に「虚」とは働きが低下している状態で、体力のない人を「虚証(きょしょう)」と表現したり、臓器の働きが低下している状態を「腎虚(じんきょ)」「脾虚(ひきょ)」などと呼んだりします。

五臓の働はどうか?

「五行説(ごぎょうせつ)」という中国医学の基礎となる考え方では、5つのグループに分けられた自然界のあらゆるものが、助け合ったり暴走を止めたりして自然界のバランスをとっていると考えています。
生活に欠かせないのに火がありますが、木をこすると火がつき、燃えすぎて危ない場合には水をかけて火を消します。
火と上手に付き合うには木と水をバランスよく使うことが大切です。

「肝(かん)」「心(しん)」「脾(ひ)」「肺(はい)」「腎(じん)」の5つの臓器を漢方では「五臓(ごぞう)」と呼んでいます。
五臓も、それぞれの臓器が活発に働くように応援したり、どこかが働きすぎならばそれを食い止めたり、木・火・水と同じようにバランスをとって体全体が元気に動くよう調節しています。

五臓のひとつひとつはそれぞれ、次のような働きをもっています。

■肝:毒を処理する、心のバランスを保つ、血をたくわえる。
■心:血液を運ぶ、心のバランスを保つ
■脾:食べ物の消化と栄養の吸収、水分を体じゅうに運ぶ
■肺:呼吸、水分を体じゅうに運ぶ
■腎:排尿を調節する、足腰を強くする、体の成長・老化に関わる

これらの働きを「虚実」の考えに当てはめ、元気がない臓器や働きすぎの臓器に適した治療を行います。

お知らせ

お知らせ一覧