1. HOME
  2. お知らせ
  3. 漢方薬の上手な使い方

漢方薬の上手な使い方

漢方薬の上手な使い方

漢方薬は上記のように、局所から全身にかけて働きかけ、自然治癒力を高めることによって薬効を発揮します。
従って漢方薬は冷え症などの慢性的な体質の改善が期待できます。

漢方薬には「未病(みびょう)」という考え方があり、検査をしても原因がわからないが、「病気というほどではないが、健康ではない」「疲労倦怠感が長く続いている」など、自覚症状はあるのに原因がわからない症状に対しての治療に効果的です。

逆に急性疾患や現代医療の適応の症状には漢方薬は向いていないと言えます。

しかし近年には術後の体力の回復に漢方薬が使用されるケースが多くあり、両者を上手く併用することが増えてきました。
その時々の症状に合わせて、漢方薬と西洋薬を上手く使い分けて使用していただけたらと考えます。
ただし、西洋薬と漢方薬を併用する場合には自己判断せずに、専門医、薬局・薬店にご相談ください。

お知らせ

お知らせ一覧