1. HOME
  2. お知らせ
  3. 漢方薬の剤形(薬の形)

漢方薬の剤形(薬の形)

漢方薬の剤形(薬の形)

現在では粉薬や錠剤で服用されることが多い漢方薬ですが、漢方薬はもともと「湯剤(とうざい)」「散剤(さんざい)」「丸剤(がんざい)」などの剤形(くすりの形)で服用されていました。

もちろん現在も使われています。

湯剤(とうざい): 刻んだ生薬を混ぜたものを煮出して(煎じて)、生薬カスを取り除いた液を飲む薬(煎じ薬)。葛根湯(かっこんとう)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)など。
散剤(さんざい):生薬をすりつぶし粉を混ぜ、そのまま服用する粉の薬。香りを大切にする処方や吐き気どめなどに多い。五苓散(ごれいさん)、香蘇散(こうそさん)など。
丸剤(がんざい):生薬の粉をハチミツと練り合わせ小さな丸い玉にした粒の薬。持ち運びに便利。八味丸(はちみがん)、八味地黄丸(はちみじおうがん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)など

湯剤などの優れた点は、患者さんの体調に応じて生薬を足したり引いたりして効き目を調節できることです。
しかし、薬の準備には時間がかかり持ち運びも大変です。

そこで、漢方薬を簡単に服用できるよう登場したのが生薬の煮汁を飲みやすく加工して作られた「エキス剤」と呼ばれる粉や錠剤の薬です。
漢方薬をより簡便に服用できるエキス剤の登場は、漢方薬の普及に大きく貢献しました。

お知らせ

お知らせ一覧