1. HOME
  2. お知らせ
  3. 漢方薬の名前の由来

漢方薬の名前の由来

漢方薬の名前の由来

漢方薬の名前にはきちんと由来があり、一定の法則のもとで命名されています。

■含まれている生薬によるもの

葛根湯(かっこんとう)、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
:メインとなる生薬(1つまたは2つ)をつけた名前

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)、苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)

:含まれている全ての生薬の頭文字をとった名前。

■入っている生薬の数によるもの

五苓散(ごれいさん)、八味丸(はちみがん)、十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
:含まれる生薬の数からつけられた名前。

■薬の効果を表すもの

大建中湯(だいけんちゅうとう)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
:「中」とはお腹という意味で「お腹を建て直す薬」、「お腹を補う薬」という意味の名前になっています。

これらの法則以外にも、漢方処方の名前の由来にはいろいろなものがあります。

「漢方薬は漢字ばかりでとても覚えられない!」と考えがちですが、由来が分かればすぐに覚えることができます。

お知らせ

お知らせ一覧