私が選んだ着物の買取専門業者さん総合評価ベスト5

付け下げ(つけさげ)とは?

着物用語

付け下げ(つけさげ)とは?

付け下げ(つけさげ)は付下げとも書き、日本の女性用の和服で、訪問着を簡略化した染めの着物のことをさします。
外見的な特徴は、訪問着より模様が少なく、衿と肩、裾の前身頃とおくみの模様がつながっていないことが特徴です。
付け下げは反物のまま染色され、販売時にも反物のまま店頭に並べらることが多いです。。
20世紀前半に小紋を作る手法を発展させて、布を裁断すると模様の上下方向が統一されるようなデザインを反物の布に描く技術が発達しました。
この技術により、小紋よりも華やかな模様のある和服を作ることができるようになったということです。
そのような和服が付け下げと呼ばれています。
八掛が共裾ではないことが多い。
訪問着に近い柄ゆきのものは付け下げ訪問着と呼ばれる場合もあります。

太平洋戦争中に絵羽模様の訪問着が禁制品となり、代用として定着しました。
花柳界の仕事着として重宝されましたが、昭和30年代に幅広く着られる略礼装として流行しました。

ご意見・口コミ・評判コーナー