私が選んだ着物の買取専門業者さん総合評価ベスト5

浴衣(ゆかた)とは?

着物用語

浴衣(ゆかた)とは?

浴衣(ゆかた)とは和服の一種です。通常の和服とは違い、長襦袢を着用せず、素肌の上に着る略装です。

平安時代の湯帷子(ゆかたびら)がその原型とされます。湯帷子は平安中期に成立した倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)によると、内衣布で沐浴するための衣とされています。この時代、複数の人と入浴する機会があったため汗取りと裸を隠す目的で使用されたものと思われます。素材は、水に強く水切れの良い麻が使われていたという説があります。

安土桃山時代頃から湯上りに着て肌の水分を吸い取らせる目的で広く用いられるようになり、これが江戸時代に入って庶民の愛好する衣類の一種となりました。
「ゆかた」の名は「ゆかたびら」の略です。

 

 

生地は木綿地で通常の単物よりもやや隙間をあけて織った平織りのものが多いです。
特に夏場の湯上り、または寝巻きとしての用途が主です。
日本舞踊などでは稽古着として使用されます。家庭でも手軽に洗濯が可能であり、清潔を保ちやすいことも重宝される一因と言えましょう。。
和服の中でも最も単純かつ基本的な構造です。また反物も比較的安価であることから、家庭科の授業で和裁の基礎を学ぶ際に、浴衣を縫うことが多いのです。
本来は素肌の上に直接着るものです。

 

 

近年は、お洒落着としての需要も多く、浴衣を着用して外出する場合もあるため下着を着用することが多くなりました。浴衣仕様に軽量化されたり吸汗性に優れた肌襦袢や、和装用の簡易スリップなどの肌着を併用する場合が多いです。

ご意見・口コミ・評判コーナー

タイトルとURLをコピーしました