私が選んだ着物の買取専門業者さん総合評価ベスト5

着物用語

着物用語

小紋(こもん)とは?

小紋(こもん)とは? 小紋(こもん)は日本の着物(和服)の種類の一つです。 全体に細かい模様が入っていることが名称の由来であり、訪問着、付け下げ等が肩の方が上になるように模様付けされているのに対し、小紋は上下の方向に関係なく模様が入っています。 そのため礼装、正装としての着用は出来ないというのが通例です。現在は模様の大きさや密度に関わらず、上下方向関係なく模様が入っている着物は総称して「...
着物用語

振袖(ふりそで)とは?

振袖(ふりそで)とは? 振袖(ふりそで)は、身頃と袖との縫いつけ部分を少なくして「振り」を作った袖をもつ着物です。 現代では若い女性の、黒留袖や色留袖、訪問着に相当する格式の礼装といえます。成人式、結婚式の花嫁衣装・参列者双方で着用される機会が多いです。 振袖は、現代では、若い未婚の女性が着用するとものと見なされる場合が多い。 本来は着用者が未婚か既婚かということで決める物ではなく、若...
着物用語

浴衣(ゆかた)とは?

浴衣(ゆかた)とは? 浴衣(ゆかた)とは和服の一種です。通常の和服とは違い、長襦袢を着用せず、素肌の上に着る略装です。 平安時代の湯帷子(ゆかたびら)がその原型とされます。湯帷子は平安中期に成立した倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)によると、内衣布で沐浴するための衣とされています。この時代、複数の人と入浴する機会があったため汗取りと裸を隠す目的で使用されたものと思われます。素材は、水に強...
着物用語

付け下げ(つけさげ)とは?

付け下げ(つけさげ)は付下げとも書き、日本の女性用の和服で、訪問着を簡略化した染めの着物のことをさします。外見的な特徴は、訪問着より模様が少なく、衿と肩、裾の前身頃とおくみの模様がつながっていないことが特徴です。
着物用語

訪問着(ほうもんぎ)とは?

訪問着(ほうもんぎ)とは? 訪問着(ほうもんぎ)は、日本の女性用着物(和服)の種類の一つです。 正装の一つであり、当初は背中・両袖の3カ所に家紋を入れる慣例でしたが、次第に廃れて今では紋を入れないことも多いのです。 特徴として「絵羽」と言われる模様づけがあります。 これは最初に生地を採寸通りに裁断して仮縫いし、着物として仕立てた時点でおかしくならないよう絵を描いた後、再びほどいて染色作業を...
着物用語

留袖(とめそで)とは?

留袖(とめそで)とは? 留袖(とめそで)は、和服の1つで、既婚女性が着用する最も格の高い礼装といわれます。 着物の格においては第一礼装になり、西洋のイブニングドレスに相当するものです。。 江戸時代には若年者が着用する振袖の長い袖を結婚後に短くし、身八口を縫い留める習慣があり、このような着物を柄ゆきに関わらず全て「留袖」と呼んでいました。 ここから「留袖」と言う名称自体がやがて「既婚女性...