プロたんログも見てみる

パニック

パニック

本年度、私が鑑賞したDVDの中でも特に秀逸。パラレルワールド(Parallel Reality)を描いた最高傑作!

本年度、私が鑑賞したDVDの中でも特に秀逸。パラレルワールド(Parallel Reality)を描いた最高傑作! くさくさした時に見ると良いよ。洋画『ミッション:8ミニッツ』。本題は「ソースコード」 ※のぼる君の残した形見がで...
パニック

映画『エベレスト3D』は考えさせられた。難波康子さんが素晴らしい。

まさに究極のサバイバル、映画『エベレスト3D』でした。 ヒマラヤ山脈にある世界最高峰であるエベレスト(チベット語:チョモランマ)は、8,848m。(ほぼ9千メートル) 山頂は、ネパールと中国との国境上にあるということで、とて...
2018.08.06
パニック

映画『コン・エアー』凶悪犯、ガーランドグリーンが何とも不気味。。

映画『コン・エアー』凶悪犯、ガーランドグリーンが何とも不気味。。 観て久しいが、また見たくなって3回連続見た、とんでも映画が『コン・エアー』です。 1997年に公開されたアメリカ映画です。 タイトル「コン・エアー」は、実在するアメ...
2018.08.06
パニック

映画『ジャッカルの日』古き良き時代の良き映画。とても解り易くて素晴らしい記録映画。

特に『ジャッカルの日』は世界的な超ベストセラーで私が24歳の日、映画公開と同時に読んだものだ。ペンタッチは鋭く、細やかな描写と順を踏んだ各シーンの説明は地味さの中に迫力がある。さらに映画が小説の通り、多少の割愛はあるもののポイントはしっかりと押さえてわかりやすい。
2018.08.06
パニック

映画『ピースメーカー』核兵器テロリスト、どこで爆発?ジョージ・クルーニー主演。

1997年製作のアメリカ映画。ジョージ・クルーニー主演。ロシアにおいて解体されるはずの核兵器がテロリストにより奪われ、それを取り返す米軍人と原子力科学者の活躍を描いた作品。
2018.08.06
パニック

映画『プロメテウス』一歩踏み込んだ凄い宇宙観。ごく当たり前の表現と描写の宇宙船。

デヴィット役のマイケルファスベンダーが、繊細なアンドロイド(ロボット)として極めてクールに好演。 神経質そうで無機質なロボットに「なりきり」演技は特筆もの。
2018.08.06
パニック

映画『アウトブレイク』はウィルスパニック映画草分け。やり過ぎもあるが違和感無し。

アフリカのザイールで発生した伝染病がアメリカに進入。このウイルスはエボラ出血熱をも上回る致死性を持ち、ひとたび感染すれば助かる道はない。軍は最終手段として感染した街ごと焼きつくそうと画策する。
2018.08.06
パニック

映画『コンテイジョン』はウィルス感染で新種による恐怖。漢方の連翹(レンギョウ)の話。

映画『コンテイジョン』を観た。 『コンテイジョン』 CONTAGION=伝染 2011年のアメリカのウィルス・際立って洗練された—そして恐ろしい—ディザスター映画。 極めて高い確率で死をもたらす感染症の脅威とパニックを描いた...
2018.08.07
パニック

映画『インポッシブル』スマトラ島沖地震の実話。ナオミ・ワッツ好演。

2004年のスマトラ島沖地震で離れ離れになりながらも再会を信じて生き抜いた家族の実話を、ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガー主演で映画化したドラマ。
2018.08.07
パニック

映画『カリフォルニア・ダウン』地震、津波、ビル倒壊・・半端なし。一見に値する教育映画。

2015年にアメリカ合衆国で公開されたパニック映画。主演はマッチョなドウェイン・ジョンソン。原題の「San Andrea」はカリフォルニア州ほぼ全域を南北に縦走するサンアンドレアス断層を指していると伺った。
2018.08.07
パニック

映画『ポンペイ』は歴史的考察の中で製作された秀作。極めて現実的で恐ろしい。

映画「ポンペイ」を鑑賞しました。まさに自然の驚異。恐ろしい映画です。 ただこの映画は、歴史的考察と美術関係など、その筋の考古学や火山学者からは好評のようですが、 俳優陣が新人が多い影響なのか、映画としての人気度は目立たなかったかと記...
2018.08.07
スポンサーリンク