プロたんログも見てみる

感動映画

感動映画

フィクサー(=もみ消し屋)のマイケルと米国の製薬巨大企業の役員カレンとの激突!

フィクサー(=もみ消し屋)のマイケルと米国の製薬巨大企業の役員カレンとの激突! ニューヨークにある最大の法律事務所というか、企業化した弁護士集団の会社に勤めるマイケル・クレイトン(クルーニー)は、ボス(マーティ)直属の部下で、最も...
パニック

本年度、私が鑑賞したDVDの中でも特に秀逸。パラレルワールド(Parallel Reality)を描いた最高傑作!

本年度、私が鑑賞したDVDの中でも特に秀逸。パラレルワールド(Parallel Reality)を描いた最高傑作! くさくさした時に見ると良いよ。洋画『ミッション:8ミニッツ』。本題は「ソースコード」 ※のぼる君の残した形見がで...
パニック

映画『エベレスト3D』は考えさせられた。難波康子さんが素晴らしい。

まさに究極のサバイバル、映画『エベレスト3D』でした。 ヒマラヤ山脈にある世界最高峰であるエベレスト(チベット語:チョモランマ)は、8,848m。(ほぼ9千メートル) 山頂は、ネパールと中国との国境上にあるということで、とて...
2018.08.06
感動映画

映画『ガタカ』は地味な映画だが、極めて現実的。イーサン・ホーク。

DNA繰作による優秀な遺伝子を持った「適正者」によって、自然な出産で生まれた人間が「不適正者」として支配される近未来。不適正者として生まれたビンセントは宇宙飛行士を夢見ていたが、それは不適正者ではかなわぬ夢だった。
2018.08.06
感動映画

映画『13時間(ベンガジの秘密の兵士)』アメリカ在外公館襲撃事件の映画化は必見!

2012年9月11日、リビアの東部ベンガジにあるアメリカ領事館にイスラム厳格派「サラフィスト」などを中心とした約2,000人が押し寄せ、反米スローガンを展開。午後10時頃、武装した集団が領事館への攻撃を開始し放火や略奪を行い、対戦車砲を領事館に撃ちこんだ。
2018.08.06
パニック

映画『プロメテウス』一歩踏み込んだ凄い宇宙観。ごく当たり前の表現と描写の宇宙船。

デヴィット役のマイケルファスベンダーが、繊細なアンドロイド(ロボット)として極めてクールに好演。 神経質そうで無機質なロボットに「なりきり」演技は特筆もの。
2018.08.06
感動映画

映画『駅 STATION』(えき ステーション)高倉健さんモロシブ。。

北海道・増毛町、雄冬岬、札幌市などが舞台。そのほとんどが厳しい寒さの中、雪景色や「駅」を背景にしたシーンが多い。 様々な人間模様を描き出した名作とも言えますね。
2018.08.06
感動映画

映画『ダークナイト ライジング』トム・ハーディのベインの迫力。バットマンの影うすく・・。

彼のことは、もともと好きな俳優でしたので2012年封切り時に確か都内の映画館で観ました。たしか今は亡き「のぼる氏」に誘われて新宿まででかけたと思います。彼もとにかくトム・ハーディの大ファンでした。
2018.08.07
パニック

映画『インポッシブル』スマトラ島沖地震の実話。ナオミ・ワッツ好演。

2004年のスマトラ島沖地震で離れ離れになりながらも再会を信じて生き抜いた家族の実話を、ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガー主演で映画化したドラマ。
2018.08.07
パニック

映画『カリフォルニア・ダウン』地震、津波、ビル倒壊・・半端なし。一見に値する教育映画。

2015年にアメリカ合衆国で公開されたパニック映画。主演はマッチョなドウェイン・ジョンソン。原題の「San Andrea」はカリフォルニア州ほぼ全域を南北に縦走するサンアンドレアス断層を指していると伺った。
2018.08.07
感動映画

映画『ヒア アフター』生きる喜び、臨死体験、クリント・イーストウッド監督の逸品。

私も実は、あれに似たような体験を子供の時にしています。伝染病に罹患し、医師の手の尽くしようもなく。夜間になり一旦は意識不明になり、心肺停止になった経験をしています。その時の鮮明な記憶として、病院内をさまよい、病院の上の空をふわふわ歩いていました。
2018.08.07
パニック

映画『ポンペイ』は歴史的考察の中で製作された秀作。極めて現実的で恐ろしい。

映画「ポンペイ」を鑑賞しました。まさに自然の驚異。恐ろしい映画です。 ただこの映画は、歴史的考察と美術関係など、その筋の考古学や火山学者からは好評のようですが、 俳優陣が新人が多い影響なのか、映画としての人気度は目立たなかったかと記...
2018.08.07
感動映画

映画『インター・ステラー』第87回アカデミー賞・視覚効果賞受賞作品。NASAも出る。

第87回アカデミー賞・視覚効果賞受賞作品。 別の銀河への有人惑星間航行(インター・ステラー)の169分の宇宙の旅が体験できます。 前評判で、NASAが全面的にバックアップと聞き、珍しく映画館まで単身足を運んだ作品です。(NASA...
2018.08.07
スポンサーリンク