プロたんログも見てみる

SF

感動映画

映画『ガタカ』は地味な映画だが、極めて現実的。イーサン・ホーク。

DNA繰作による優秀な遺伝子を持った「適正者」によって、自然な出産で生まれた人間が「不適正者」として支配される近未来。不適正者として生まれたビンセントは宇宙飛行士を夢見ていたが、それは不適正者ではかなわぬ夢だった。
2018.08.06
洋画

映画『プロメテウス』の影響か、例年「スコットランド・スカイ島」への観光客は激増!

スカイ島はスコットランドのインナー・ヘブリディーズ諸島の最も北方に位置する最大の島です。スコットランドはもちろん行ったことは無いが、スカイ島の人口は約9千人ほどの島。
2018.08.06
パニック

映画『プロメテウス』一歩踏み込んだ凄い宇宙観。ごく当たり前の表現と描写の宇宙船。

デヴィット役のマイケルファスベンダーが、繊細なアンドロイド(ロボット)として極めてクールに好演。 神経質そうで無機質なロボットに「なりきり」演技は特筆もの。
2018.08.06
パニック

映画『アウトブレイク』はウィルスパニック映画草分け。やり過ぎもあるが違和感無し。

アフリカのザイールで発生した伝染病がアメリカに進入。このウイルスはエボラ出血熱をも上回る致死性を持ち、ひとたび感染すれば助かる道はない。軍は最終手段として感染した街ごと焼きつくそうと画策する。
2018.08.06
パニック

映画『コンテイジョン』はウィルス感染で新種による恐怖。漢方の連翹(レンギョウ)の話。

映画『コンテイジョン』を観た。 『コンテイジョン』 CONTAGION=伝染 2011年のアメリカのウィルス・際立って洗練された—そして恐ろしい—ディザスター映画。 極めて高い確率で死をもたらす感染症の脅威とパニックを描いた...
2018.08.07
感動映画

映画『ダークナイト ライジング』トム・ハーディのベインの迫力。バットマンの影うすく・・。

彼のことは、もともと好きな俳優でしたので2012年封切り時に確か都内の映画館で観ました。たしか今は亡き「のぼる氏」に誘われて新宿まででかけたと思います。彼もとにかくトム・ハーディの大ファンでした。
2018.08.07
感動映画

映画『インター・ステラー』第87回アカデミー賞・視覚効果賞受賞作品。NASAも出る。

第87回アカデミー賞・視覚効果賞受賞作品。 別の銀河への有人惑星間航行(インター・ステラー)の169分の宇宙の旅が体験できます。 前評判で、NASAが全面的にバックアップと聞き、珍しく映画館まで単身足を運んだ作品です。(NASA...
2018.08.07
スポンサーリンク