プロたんログも見てみる
パニック

映画『ピースメーカー』核兵器テロリスト、どこで爆発?ジョージ・クルーニー主演。

1997年製作のアメリカ映画。ジョージ・クルーニー主演。ロシアにおいて解体されるはずの核兵器がテロリストにより奪われ、それを取り返す米軍人と原子力科学者の活躍を描いた作品。
2018.08.06
感動映画

映画『ガタカ』は地味な映画だが、極めて現実的。イーサン・ホーク。

DNA繰作による優秀な遺伝子を持った「適正者」によって、自然な出産で生まれた人間が「不適正者」として支配される近未来。不適正者として生まれたビンセントは宇宙飛行士を夢見ていたが、それは不適正者ではかなわぬ夢だった。
2018.08.06
感動映画

映画『13時間(ベンガジの秘密の兵士)』アメリカ在外公館襲撃事件の映画化は必見!

2012年9月11日、リビアの東部ベンガジにあるアメリカ領事館にイスラム厳格派「サラフィスト」などを中心とした約2,000人が押し寄せ、反米スローガンを展開。午後10時頃、武装した集団が領事館への攻撃を開始し放火や略奪を行い、対戦車砲を領事館に撃ちこんだ。
2018.08.06
スポンサーリンク
洋画

映画『プロメテウス』の影響か、例年「スコットランド・スカイ島」への観光客は激増!

スカイ島はスコットランドのインナー・ヘブリディーズ諸島の最も北方に位置する最大の島です。スコットランドはもちろん行ったことは無いが、スカイ島の人口は約9千人ほどの島。
2018.08.06
パニック

映画『プロメテウス』一歩踏み込んだ凄い宇宙観。ごく当たり前の表現と描写の宇宙船。

デヴィット役のマイケルファスベンダーが、繊細なアンドロイド(ロボット)として極めてクールに好演。 神経質そうで無機質なロボットに「なりきり」演技は特筆もの。
2018.08.06
感動映画

映画『駅 STATION』(えき ステーション)高倉健さんモロシブ。。

北海道・増毛町、雄冬岬、札幌市などが舞台。そのほとんどが厳しい寒さの中、雪景色や「駅」を背景にしたシーンが多い。 様々な人間模様を描き出した名作とも言えますね。
2018.08.06
パニック

映画『アウトブレイク』はウィルスパニック映画草分け。やり過ぎもあるが違和感無し。

アフリカのザイールで発生した伝染病がアメリカに進入。このウイルスはエボラ出血熱をも上回る致死性を持ち、ひとたび感染すれば助かる道はない。軍は最終手段として感染した街ごと焼きつくそうと画策する。
2018.08.06
パニック

映画『コンテイジョン』はウィルス感染で新種による恐怖。漢方の連翹(レンギョウ)の話。

映画『コンテイジョン』を観た。 『コンテイジョン』 CONTAGION=伝染 2011年のアメリカのウィルス・際立って洗練された—そして恐ろしい—ディザスター映画。 極めて高い確率で死をもたらす感染症の脅威とパニックを描いた...
2018.08.07
感動映画

映画『ダークナイト ライジング』トム・ハーディのベインの迫力。バットマンの影うすく・・。

彼のことは、もともと好きな俳優でしたので2012年封切り時に確か都内の映画館で観ました。たしか今は亡き「のぼる氏」に誘われて新宿まででかけたと思います。彼もとにかくトム・ハーディの大ファンでした。
2018.08.07
洋画

映画『ジョン・ウィック』のキアヌ・リーブスが凄い!ワンちゃん可哀そう。

私がその昔可愛がっていた「アメリカンビーグル」の仔犬がなんとも可愛らしい。。懐かしく思った。
2018.08.07
パニック

映画『インポッシブル』スマトラ島沖地震の実話。ナオミ・ワッツ好演。

2004年のスマトラ島沖地震で離れ離れになりながらも再会を信じて生き抜いた家族の実話を、ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガー主演で映画化したドラマ。
2018.08.07
パニック

映画『カリフォルニア・ダウン』地震、津波、ビル倒壊・・半端なし。一見に値する教育映画。

2015年にアメリカ合衆国で公開されたパニック映画。主演はマッチョなドウェイン・ジョンソン。原題の「San Andrea」はカリフォルニア州ほぼ全域を南北に縦走するサンアンドレアス断層を指していると伺った。
2018.08.07
洋画

映画『アイ・インザ・スカイ』『ドローン・オブ・ウォー』話題の軍事兵器ドローンの映画2本。

ここ近年になり、やたらドローンの話題が浮上。ロボット工学の推移を極めたドローンは、災害時の情報収集、難しい工事現場における写真撮影、火山噴火の状況偵察など用途はさまざまであり、今後の活用が期待される分野でもあるが、これが軍事目的となると悲劇となる。
2018.08.07
スポンサーリンク