映画ブログは新設サイト・プロたんキネマへ移動しました。

ウォルマートがほぼ突然 西友をバイバイする理由とは?!

管理者ノート
スポンサーリンク

ウォルマートがほぼ突然 西友をバイバイする理由とは?!

ちょっと・・というか、かなり今日の日経ニュースには驚いてます。売却?まだこれからだって言うのにどうしたのか?まぁ外資の考えていることは、この老獪の頭にはとても理解できないことが多すぎます。


ご存じ、ウォルマートは、アメリカ合衆国アーカンソー州に本部を置く世界最大のスーパーマーケットチェーン。
売上額も世界最大。全てが世界一。あんたが大将!の一大帝国であったのだが・・・。
それが今、大変らしい。確かなことはわからないので、無責任にもここには書けないが。とにかくスーパー業界も大変なのでしょう。

はやり水面下では通販の波が押し寄せてきているのか?トイレットペーパー一つでも通販で購入される時代にになりました。冷蔵庫の横に、小型の電子機器が貼り付けてあって、そこをプッシュすれば、翌朝には「ハイお待ちどうサマ。。」と宅配便が届く世の中です。昔では考えられない合理化システムです。

従って、同じ米国のA社の勢いが止まらない。・・ことも、関連性があるかも知れませんね。あくまでも私の一人勝手な邪推ですが。

今から70年近く前、アーカンソーのとある静かな田舎町に小さな雑貨屋さんができた。
ウナギの寝床のような細長い店舗で、当時必要な日用品からアウトドア製品まで、ありとあらゆるものを置き、棚板には無数の小間物が並べられ、ほとんど骨董にいたるまで、地元の主婦の買い物客で賑わう。

どこにでもある小さな雑貨屋さん。。という感じ。それが、現代になり世界の一大産業となるのだから、世の中わかりません。過日、楽天さんとウォルマートが提携されたというニュースを聞いたと思ったら、今度は西友を売却するという臨時ニュース。。目まぐるしいです。。

撤退ですか?

日本のスーパーを手放すというのだから、本国でも案配が余程悪いのでしょう。ウォルマートに関しての良いニュースは最近はあまりありませんね。ここへ来て、企業ダイエットへ向けて仕切り直しなのでしょうか。いわゆる再編成への一環としての撤退。。

今度は西友をどこが買うのか?売れるあてがあるから売却を発表したのでしょうね。

5,000億円も出せる企業となると国内でもそうざらにはいない。
聞くに老朽化している店舗も多くあるそうです。

すると・・・やはり外資か?
台湾、韓国、中国をはじめ東南アジア方面では? 無理ですね。結局、また米国企業ですかね。。

現在の西友さんは、品数豊富で良い店舗が多く、とても綺麗で店員さんも親切。適当に安くて、いい感じであっただけに気になります。青梅市にも河辺という場所の駅前立地で大型店舗があります。

働いているパート従業員(年配者)さんも何人か顔馴染みなのです。西友で働かれている女性従業員はとにかく美人さんが多い。お世辞抜きで綺麗で美しく、店内へのご案内もとても礼儀正しく、きちんとされていて、特に私のような高齢者への配慮などは素晴らしい。面倒見が良いですよ。

会社内での教育体制もあるのだろうが、本人らの接遇に対しての自覚と資質が元から備わっているのではないかと思う。なんたってご自分の仕事に誇りを持たれているのが伝わってくる。

ひょっとして・・もう今後は気分よく買い物をすることも無くなると思うと、ちと寂しい。なぁ~。

会社概要
この記事の会社
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする

SNSフォローボタン
有限会社 プロドラッグをフォローする
管理者ノート
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたん漢方・薬剤師ノート

●ここのページURLをQR Codeスキャンする

ウォルマートがほぼ突然 西友をバイバイする理由とは?!